スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月08日

アカシア祭り

アカシアの季節です。

例年ならこの時期、小坂町にいくとアカシアの匂いがふわっとするみたいですが、
今年はちょいと遅れているみたいですね

ここ何日か良い天気が続いているのですぐに咲いてくれることと思います


ところで、
6月11,12日には小坂町でアカシア祭りが開催されます。
今回で28回目だそうで



自衛隊音楽隊のコンサートや小坂小学校の「鉱山の子ソーラン」、康楽館で公演をしている劇団 悠のステージ他
いろんな催しがあり、
また十和田バラ焼きや黒石つゆ焼きそばなど、北東北B級グルメも集うみたい

皆さん、是非お越しを

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アカシア祭り

会場:小坂中央公園
時間:11日/9:00~17:00
    12日/9:00~16:00

*詳しくは小坂町HPを見てください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

因みに
ここで言っているアカシアは性格には“ニセアカシア”らしくアカシアとは別物みたいです。
覚えておきましょう!!


さらに因みに
6月11日はチェ・ジウの誕生日で、ハワイでは“カメハメハ・デー”
6月12日はブッシュ大統領(パパの方)の誕生日で、ブラジルでは“恋人の日”
みたいです。

出足払い  


Posted by のんびり探検隊 at 17:12Comments(0)

2011年05月31日

アカシアまつり

今年の小坂町アカシアまつりは6月11日(土)12日(日)に開催されます。
北東北B級グルメまつり(青森生姜味噌おでん、十和田バラ焼き、黒石つゆやきそば、いわてまち焼きうどん、横手やきそば、桃豚ぶたんぽ)icon28や自衛隊音楽隊「復興支援コンサート」(土曜のみ)音符などのステージイベント、盛りだくさんの内容になっています。
詳細については 事務局のアカシアまつり実行委員会(小坂町役場観光商工班内)0186-29-3908  

今の康楽館通りのアカシアの開花状況はまたまだですが、まつり当日は白い花で町中が甘い香りに包まれることと思いますので皆さんでお越しください。  


Posted by のんびり探検隊 at 09:20Comments(0)

2011年02月05日

撮って出し!十和田湖冬物語2011

いよいよ2月4日より

十和田湖冬物語2011 が開催となりました!

まさに「撮って出し」で、つい先ほど撮影してきましたようすを

どこよりも早くご紹介いたします。icon22



(↑)幻想的なイルミネーションが私たちを迎えてくれます。



(↑)仲のよさそうなどこぞのお二人。光との共演は絵になりますね。



(↑)こちらは、十和田湖を表したイルミネーションです。



(↑)足湯もあります。こころもからだもぽっかぽかですよ。



(↑)こちらは「かまくらBar」です。一杯500円で、さまざまなお酒をいただくことができます。



(↑)20時からの10分間は、冬花火です。冷たく張りつめた空気に鮮やかに咲き乱れます。
(↓)


観客の皆様からは、大きな歓声があがるほど、みごとな花火でありました。

さてさて、他にも「食彩ドーム」では、横手焼きそばや、十和田バラ焼き、黒石やきそばなどなど、

秋田・青森両県の味を楽しむことができます。

皆様もぜひぜひお立ち寄りください。2月27日まで開催されております。

それにしても、カップルが目に付きました…。幻想的なイルミネーションは、きっと

二人の距離をぐっと縮めたことでありましょうicon06

十和田湖冬物語には大満足でしたが、こころに寒風を感じた(ひと)がお伝えしました!!
  


Posted by のんびり探検隊 at 00:01Comments(2)

2011年01月02日

大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)

  新年になりました晴れ
        本年も 十和田八幡平『のんびり探検隊』
            のブログを宜しくお願いいたします。

                    さすらいのライダーですBicycleチョキ

新年2日に行われた、ユネスコ無形文化遺産に登録されている(2009年)
        「国指定重要無形民族文化財 大日堂舞楽」に行ってきましたハッピ

場所は秋田県鹿角市八幡平 大日堂(JR花輪線 八幡平駅から徒歩1分)

  八幡平の大日堂で正月の2日に演じられる芸能です。都から下向した楽人
 によって伝えられた舞楽がその起源とされている。はるか奈良時代まで
 さかのぼる
  
    4集落の能集による「神子舞」「神名手舞」

      小豆沢(あずきさわ) の「権現舞」と「田楽舞」

      大里(おおさと) の「駒舞」「鳥舞」「工匠舞」

      長峰(ながみね) の「鳥遍舞」
          
      谷内(たにない) の「五大尊舞」

    の9演目が伝承されており、仮面をつけたり採物を持つなどして
    笛や太鼓の囃子で舞われている

  詳しくは http://www.ink.or.jp/~hatakei/ でも見ることが
  出来ます

大日堂(だいにちどう)の外部

 











大日堂の内部

 











平安神社での奉納 マイナス7℃でした 7:39分

 











平安神社から大日堂「大日霊貴神社(おおひるめむちじんじゃ)」に向けて隊列
   路面は凍結 アイスバーン状態です 7:47分 

 











4つの集落が大日堂姥杉前に集合 修祓の儀(しゅばつのぎ) 8:00分
  地蔵舞(権現舞)を奉納

 











幡綜(はたへい) 4集落の能衆勢ぞろい  8:10分
  花舞(神子舞・みこまい、神名手舞・かなてまい、権現舞・ごんげんまい)

籾押し(もみおし)   若者10数人の威勢のよい掛け声でした 8:39分
  御上楽(ごじょうらく)

 











幡上げ(はたあげ) 幡持ちが堂内に走り込み、幡をひらめかせて下からさし
   上げると、二階のものが受け取り、さらに梁に投げ上げ、梁のものは
   直ちにこれを欄干から下げます  
   (籾押しの若者が堂内(二手に別れ、一方は東方殿上に、もう一方は
   西方殿上にのぼり、旗上げに備えています)  8:48分

 











本舞の前に行われる 籾押し・御上楽と幡上げ
そして、神子舞(みこまい)、神名手舞(かなてまい)、大小行事、修法(祭式)が
  行われて、本舞へと 


本舞

権現舞(ごんげんまい)  小豆沢能衆  9:40分
   継体天皇と吉祥姫との間に出来た五ノ宮皇子(ごのみやおうじ)が五ノ宮嶽
   に登り、そのまま姿を消したという伝説によるもので、五ノ宮嶽の隣に
   そびえる八森岳に龍が出て、それを鎮めるために獅子頭を奉納したのが
   舞の起源といわれています

 











駒舞(こままい)   大里能衆二人  10:04分
   大日堂再建の時に天皇から下された駿馬二頭をあらわすとも、五ノ宮皇子の
  乗馬である月毛の馬をあらわす舞ともいわれています 

 











烏遍舞(うへんまい)  長嶺の能衆6名  10:29分
   継体天皇の後宮であった吉祥姫の遺体を葬る様を舞にしたものといわれ、
  「墓固めの舞」とも呼ばれています
   最後に大博士、小博士は、持っていたお守りを参拝者に撒きます
  このお守りを拾ったものは山仕事によいことがあり、その年の
  大運を拾うといわれています

 











鳥舞(とりまい)  大里の3人の子供  10:47分
   だんぶり長者が飼っていた鳥の舞といわれています

 











五大尊舞(ごだいそんまい)  谷内能衆6人  11:02分
   金剛界大日如来(こんごうかいだいにちにょらい)、胎蔵界大日如来
   (たいぞうかいだいにちにょらい)がだんぶり長者に化身し、それに
   普賢(ふげん)、八幡(はちまん)、文殊(もんじゅ)、不動(ふどう)、
   の四大明王が仕えた様をあらわしているといわれています

    黄金の仮面の能衆が2人で・・・。  凄かった!

 
















工匠舞(こうしょうまい)  大里能衆4人  11:34分
  大日堂霊貴神の御神体を彫刻する姿を舞い表わした匠の舞といわれています


 











田楽舞(でんがくまい)  小豆沢能衆6名  11:46分
  だんぶり長者夫婦が農夫の耕作の労を慰めるために舞われたとも、
 農耕の様子を表現した舞であるともいわれています
  この田楽舞は、日本各地の田楽舞のなかでも最古のものといわれています

 











厳寒の凍てつく寒さのなか(-7℃)本当にお疲れ様でしたパー

とても素晴らしい舞楽でした。画像をもっと大きく沢山載せたかったface12

実際は昨年12月半ばから舞楽は始まっていました。とても全部を伝えること
が出来ないのが残念です。朝方6:00から見ていましたが、2日は0:30から
舞楽が始まっていると聞きました。

寒さ対策をして、来年の正月2日に見に来てくださいcamera





   


Posted by のんびり探検隊 at 17:40Comments(6)

2010年12月03日

十和田湖 ひめます祭り が開催されます!!

突然ですが・・・

明日、12月4日は何の日でしょうか?

そうです!!

東北新幹線の全線開業ですよtrain_a01拍手

新幹線の延伸により、
十和田湖へのアクセスが便利!ということは・・・
鹿角市、小坂町も、より皆様の身近になるface02ってことですよ!!

ぜひぜひ、鹿角地域へ足をお運びくださいパー



(↑)こちらは、ちょっと前ですが、11月27日の十和田湖の様子です。
   12月4日の、その日を、静かに待ちわびているかのような表情を
   みせてくれました。



(↑)こちらの方々?も、皆様をおもてなしすべく、準備万端といったところでしょうか。face02

ここで、お知らせです!!

東北新幹線の全線開業を記念した

十和田湖ひめます祭りが開催されます!



秋田からは、「ちょこっとプレゼント」をご用意して、皆様をお待ちしています。プレゼントの中身は、お楽しみってことで・・・。

詳しくは、(社)十和田湖国立公園協会 ホームページをご確認ください。

ところで・・・

十和田湖を訪れた皆様を、十和田湖特産の「ひめます」でおもてなしすべく、
ひめますを用いたいろいろな商品が開発されていますので、ご紹介します。



十和田湖増殖漁業協同組合と、秋田県仙北市の「ランドクリエイト」のコラボにより
開発された、一夜干し、西京付け、とば、いずし などなど、ですicon06

十和田湖産のひめますに、秋田県は男鹿の天然塩が、「いずし」には、青森県産のリンゴも、原材料として使われています。

まさに、秋田・青森の魅力が詰め込まれた商品となっています。拍手

しかも、聞くところに寄りますと、お手頃価格で手にはいるそうですよ。



(↑)見た目にもインパクトあり! 

近々、十和田湖周辺で購入することができるそうですので、
ぜひともお買い求めください。

以上、探検隊十和田湖担当(?)の(ひと)がお送りしました。  


Posted by のんびり探検隊 at 08:01Comments(0)

2010年08月18日

いよいよ明日から「花輪ばやし」開催!

鹿角を代表する祭り「花輪ばやし」が19日と20日にかけて開催されます。

























花輪ばやしは、日本三大ばやしの一つにも数えられ、
絢爛豪華な屋台と、明け方まで鳴り響くお囃子に魅了されます。













中でも、10町内の屋台が鹿角花輪駅前に集まる
「駅前行事」は「見事!」の一言に尽きます。












両日とも、天気も良さそうなので、ぜひお越し下さい!
詳しい日程はこちらをご覧ください!

もやさんでした。   
タグ :はやし屋台


Posted by のんびり探検隊 at 12:00Comments(0)

2010年08月16日

もうすぐ、花輪ばやしvol.2

日本三大ばやしの一つ「花輪ばやし」まで、あと3日・・・

待ち遠しいですface03

今日の朝5時に、花輪ばやしの屋台が道の駅「あんとらあ」の展示スペースから各
町内に移されました。


こちらは、出発間際の写真。私も参加する旭町の屋台が展示スペースから外に出さ
れました。旭町の屋台は10町内で一番、大きいんですよ。







道の駅「あんとらあ」の青垣の門から出るところ



関善の横を通って・・・・・



旭町に到着face02




この後、大雨の中での作業となりましたicon03

花輪ばやしの本番に向けて、準備が着々と進んでいます。



( だ ま )  


Posted by のんびり探検隊 at 15:37Comments(0)

2010年08月13日

もうすぐ花輪ばやし!



いよいよ日本三大ばやしの一つ「花輪ばやし」の開催まで1週間余りface02

参加する10町内の練習も熱を帯びてきているようですちからこぶ

ということで、今日は、私も参加している「旭町」の練習風景を紹介!

場所は、花輪の八正寺神社ですface01

午後7時頃、のぞいてみると・・・



もう、始まっています。今は、小学生の練習中です



みんなうまいですね。自分には、ちょっとムリそう・・・

中には、花輪ばやしで使用される提灯もありましたよ




来週、19日(木)から2日間、花輪ばやしが始まります。

皆さん、ぜひ、ご覧くださいね。

  


Posted by のんびり探検隊 at 17:13Comments(0)

2010年08月09日

熱いぜ!花輪の夏祭り!

こんにちはicon23隊員HIPPOです。

ここ鹿角市花輪は夏祭りが熱い!熱い!HOOOOOOOTicon14
言わずとしれた日本一の祭囃子「花輪ばやし」が8月19日、20日に控えていますが、まずは7日、8日に藩政時代末期から伝わる七夕行事「花輪ねぷた」が行われました。

今年はHIPPOも「新町」さんにかだらせてもらいました。
「花輪ねぷた」は5メートルほどもある王将灯籠を、大太鼓を打ち鳴らしながら花輪の町を練り歩きます。

こちらが新町の王将。弁慶と牛若丸の見事な武者絵です。


町内の若者が1月以上も前からコツコツと制作しました。
準備の様子はコチラコチラをご覧ください。

一番の見せ場は米代川に架かる稲村橋でのフィナーレ!
10町内の王将が勢揃いし・・・


なんと燃やしてしまうのですface08face08face08
ファイヤ~~~~icon14

もったいないような気もしますが、大音量の太鼓の音も鳴り響き、
とにかくものすごい迫力です!

燃えさかる王将の上では花火もうちあがり、まさに熱い、感動、これぞ夏祭り~~~~


この後各町内に戻り、さらに熱い夜は続いていきます・・・

8月19日、20日の「花輪ばやし」では、これ以上に熱い盛り上がりが見られますよ。
必見!!!

  


Posted by のんびり探検隊 at 12:28Comments(2)

2010年07月29日

花輪ばやし~練習~

こんにちは音符

ゆっぺですpinkuma

毎日暑い日が続きますねface10icon10

ところで

鹿角に来てまだ4ヶ月なわたしicon02

鹿角については相変わらず初心者ですが

なんと今年の花輪ばやし

参加させてもらうことになりました~~~クラッカー

とゆうことで、今週(26日)から大町の子供会の練習に

一緒に参加させてもらっていますicon14icon12

練習風景はこちら~↓↓↓

  
      





























本番に向けて一生懸命練習に励んでいます拍手

大町では本番で演奏しない曲(本囃子、霧囃子以外)もこうやって伝承していってるそうです!

こうやって、ずっと後世に続いていくのってステキですねface01
  


  
  












上の写真は、一緒に練習に参加しているcowモーちゃんとS原さんですface01

リズムや構え方など難しいことだらけですが

わたしを含め3人で一生懸命頑張っていますicon22



こうやって練習から参加させてもらうことで、

地元の方の花輪ばやしに対するあつい思いに直にふれることができ

とっても良い機会に恵まれたなぁって思いますクローバーicon12

というわけで

今日の練習もはりきって参加してきたいと思いますface01音符







   
   
         


Posted by のんびり探検隊 at 13:17Comments(0)

2010年07月07日

花輪の町踊り

こんにちはface01

夏がきて、いつも以上にテンションがあがっているicon14ゆっぺですpinkuma


今日は「花輪の町踊り」について紹介したいと思いますクラッカー


職場でいつもお世話になっているcowモーちゃんが

「花輪の町踊り講習会」に参加しているということで

練習風景を見学しに行ってきましたface02


練習風景はこちら~↓↓↓


































 















はじめて「町踊り」を見た私は

踊りのあまりのきれいさ優雅さ

終始、釘付け状態face05icon06icon06icon06


私がお邪魔した日が講習会の最終日ということで

様々な種類の「町踊り」を見ることができました音符

ちなみに「町踊り」には全15曲の伝承曲があるそうです!

→ じんく・よされ・花輪よしこの・毛馬内よしこの・おやまこ・あいや節
  
  ちょうし節・おえと・しおがま・ぎんじがい・よなか(豊年万作)
  
  どっこいしょ・本ばやし・ぎおん・かごまる

そして、それぞれの踊りにストーリーがあるそうです!

「町踊り」は花輪ばやしの時に披露されるほか

8月下旬~9月中旬に花輪地区の各町通りで

10町内がそれぞれ主催となり、披露されるそうです!

また、「町踊り」は昭和63年に秋田県無形民俗文化財に指定されているんです拍手


本番がいまから楽しみですねface02



ここでkumaお知らせkumaです!


今回、私がお邪魔した「花輪の町踊り講習会」で

計16回の練習を通して、踊りを学ばれた方々の発表会の場として

来週7月16日(金)に鹿角の道の駅あんとらあにて

「花輪の町踊りを楽しむ会が開催されます拍手

時間は19時~21時です!

当日はあんとらあのリニューアルオープンの

前夜祭も兼ねていますface02

ビアパーティも開催されるそうなので、

是非みなさん、いらしてみてはいかがでしょうかカエル
  


Posted by のんびり探検隊 at 11:33Comments(0)

2010年06月25日

ねぷた作り

今年は8月7~8日に行われる花輪ねぷた



花輪のとある神社で蚊と戦いながら作業は進められています。



今回はロウ入れ
ホットプレートでロウソクを溶かし、下書きの縁取りをします。









ロウ入れ前(下書き)がこれ。
薄く鉛筆でなぞられています。



ロウ入れ後がこれ。
「豊年万作」と「七夕祭」






作業後のようす。
神社内は蒸発したロウの匂いが充満。
鼻の穴もツルツルになっちゃいました。

  


Posted by のんびり探検隊 at 18:23Comments(0)

2010年06月21日

花輪ねぷた、花輪囃子へ始動

今年も8月7~8日に花輪ねぷたが、19~20日に花輪囃子がやってきます!

それに向かって花輪囃子10町内もゾワゾワ動き出しているようです。

ここではその10町内のうち、ある町内若者会のお祭りへ向かっていく2ヶ月間を
表から裏からちょくちょくお見せしたいと思います。


第1弾はねぷたの紙貼り作業と下書きです。
この日は花輪市民センターで黙々と行いました。



昨年の作業を思い出しながら・・・・・・




たまには休憩??しながら・・・・・




この日でねぷたの下書き作業は殆ど終了でした。
次回はロウ入れの模様をアップしたいと思います。
  


Posted by のんびり探検隊 at 18:11Comments(0)

2009年11月29日

街で見つけたこんなモノ~partⅡ~

皆さん、こんにちはsunglassmen
こんなモノがありました。

何だと思いますか?

実は「爆弾だまこ」なんですよ~face15









中身はな、なんと「キーマカレー」なんですよ
face13







これを作ったのは「鹿角苑」の方々で、他にも「比内地鶏のモツ煮」などを販売してました。
どちらも美味しかったですよ拍手

鹿角苑では「比内地鶏」や「かづの悠遊工房のパン」などを製造販売しているそうです。
お問い合わせは0186-35-2222です。
番号などお間違えのないようにお願いします。

「なべっこ祭」の一コマでした。
  


Posted by のんびり探検隊 at 08:00Comments(0)

2009年11月09日

お得なバスツアー

 「大日堂舞楽」ユネスコ無形文化遺産

登録されたことを記念して、特別記念公演が開催されます!


 大日堂舞楽は、1300年前から続く行事で、毎年正月2日に

大日霊貴(おおひるめむち)神社に奉納されます。

正月、、、ということもあり、実家へ帰ってしまうため

私も実はまだ一度も見たことがないのです。。。

今年こそはっ!!!と思っているところですicon21

 

 バスツアーのコースには、大日堂舞楽の他、「八幡平ポーク鍋」

昼食までついてなんと2000円!!

かなりお得な感じですよface01


 12月5日(土)出発日限定、秋田駅、鷹巣駅、大館駅から

参加することが出来ます。


 申込み・お問い合わせは、

鹿角観光ふるさと館あんとらあ(電話0186-22-0555)までどうぞ!




  


Posted by のんびり探検隊 at 14:40Comments(0)

2009年08月21日

毛馬内の盆踊は今日から開催!

国指定重要無形民俗文化財に指定されている『毛馬内(けまない)の盆踊』が、本日21日から23日まで開催されます!


















秋田県の三大盆踊りのひとつ『毛馬内の盆踊』は、踊り手が町内の路上に焚かれた“かがり火”を囲み、細い輪になって踊る盆踊りです。

「呼び太鼓」と呼ばれる演奏の後、大太鼓と笛の囃子で踊る「大の坂踊り」、そして甚句の唄のみで踊る「甚句踊り」と踊りが進みます。

踊り手の衣装は、男女とも手ぬぐいで独特の頬被りをし、男性は黒紋付きに水色の蹴出し、女性は留袖や訪問着などにとき色の蹴出しを着ます。

(昨年の様子icon15

























































そして、『毛馬内の盆踊』ですが、永禄8年(1565年)から11年(1568年)にかけて、安東愛季(ちかすえ)が鹿角に攻め入った際に、南部信直が三戸から出陣し、愛季勢を領外に追い払った際に、毛馬内で歌舞を催して、将卒の労をねぎらったのが甚句踊りの起源といわれております。
歌詞は、霊を慰めるものや豊作を祝うもの、郷土の風物を紹介するものなどが多く、幻想的な踊りと合わせ甚句もぜひお聞き頂きたいと思います。
   


















見る者を魅了する『毛馬内の盆踊』。
是非一度、会場に足をお運び下さい。三日月

※盆踊りの会場はこちら → 地図
  


Posted by のんびり探検隊 at 19:00Comments(0)

2009年08月20日

明日から「毛馬内盆踊」始まります!

鹿角は夏祭りの真っ最中!
本日まで「花輪ばやし」が開催され、そして明日の8月21日(金)から
23日(日)まで国指定重要無形民俗文化財に指定されている、
秋田県の三大盆踊りの一つ『毛馬内(けまない)の盆踊』
が始まります。















『毛馬内の盆踊』は、情緒豊かで優雅な洗練された盆踊りです。
伝統ある『毛馬内の盆踊』をぜひご覧下さい。

スケジュール:8月21日(金)~23日(日)
18:30 ~ 19:30  ゲスト出演
21日:芦名沢(あしなざわ)大太鼓(秋田県鹿角市)
22日:おわら風の盆(富山県八尾市)
23日:扇田盆踊り(秋田県大館市)
19:30 ~ 20:00  呼び太鼓
20:00 ~ 21:30  毛馬内の盆踊り
   
タグ :盆踊り


Posted by のんびり探検隊 at 11:00Comments(0)

2009年08月05日

あっちー夏祭りがやってくる!

今週は夏祭りで東北各地で盛り上がっていることだと
思いますが・・・・すっきりしない天気icon03が続いていて
お祭りは大丈夫でしょうか?

梅雨明けはまだかぁぁ涙
このままじゃ夏が来る前に秋が来るんじゃあ?私の夏
を返してくれー。8月病になりそうじゃぁぁ~(8月病?
きいたことねっすけど?)face13

独り言はさておき、ここ鹿角でも1年で一番あっつい
夏祭り、「花輪ばやし」がもうすぐ始まります。

私も昨年初めて拝見しましたが・・・すごく幻想的なお
祭りだな~と感動しました。一度は見ておくべきだと
思います。でも、昨年はあいにくの雨で・・・。

「花輪ばやし」にちなんで一足お先に山車を見せちゃい
ます。
といっても、25分の1の模型なんですが・・・・。
細かいところまで手が行き届いていて、素晴らしい作品
です。値段は20万円くらいと聞きました。
花火残念ながら手が届きませんが・・・face03


雰囲気ありませんか?


あぁ写真が~うまくない。涙


とくに見て欲しいのが、天井らしいんですが、すみません
よくとれてませんね。涙



といったわけで、部屋に置いても雰囲気ありますよね。
もう少し小さいサイズのものもありましたよ。

今年も8月19,20日あっちい夏が始まります。
皆さん是非来てください。
(桟敷まだ余裕があるみたいですよ~。
詳しくは十和田八幡平観光物産協会まで)

  


Posted by のんびり探検隊 at 15:26Comments(0)

2009年06月22日

十和田湖湖水まつり

皆さん、ここがどこか分かりますか?





ここは、十和田湖の秋田県側にある西湖畔の散策路から写したものです。

本当にきれいです。

夏場の十和田湖の景観を楽しむのもお勧めですよface02

皆さんも、十和田湖の美しさは、永久だ(十和田)と感じる

はずです拍手


それはさておき、十和田湖では、毎年、7月中旬に、「十和田湖湖水まつり」という

イベントを実施しています。

打ち上げ花火は本当にすばらしいですよ。湖水に映る花火が本当にきれい

ですface02

そのほか、魚の掴み取りや、手こぎボートレースなどのイベントもありますよ。


今年は、7月18日~19日に行われます。詳しい中身はこちらから、どうぞ。

ぜひ、おいでくださいねface02

  


Posted by のんびり探検隊 at 21:36Comments(0)

2009年05月20日

花輪朝市「ナベッコ祭り」

2回目の投稿です。
ローテーションの関係上、ちょっと前の話題になりますが、ご容赦のほど。

私の住む花輪では、3と8の付く日に、「花輪朝市」が開かれます。
特に毎年5月3日は「ナベッコ祭」が開催され、普段以上に賑わうとか。
行ってきましたよ~。初めての花輪朝市へ。



山菜の時季にはちょっと早いかな・・・と思いましたが、結構ありましたよ。
行者ニンニク、シドケ、コゴミなど。



なんと、生きてるニワトリなんかも・・・  ^-^;)



この日はナベッコ祭りということで、関善さんのキリタンポ鍋や焼肉ねぶたさんの馬肉かやきを格安で堪能しましたよ。興奮しすぎて、写真とるの忘れちゃいました・・・涙
あ、そういえば、焼肉ねぶたさん、こないだAABの「サタナビっ!」で紹介されてましたね。気軽にバイキングが楽しめるお店のようです。今度行ってみたいな・・・

そして朝市を楽しんだ後は・・・やっぱり関善さん裏手の「おせど」の湧き水でシメですね!



ちょうど今の時季はタケノコも出てると思うので、また朝市に出かけたいと思います。



  


Posted by のんびり探検隊 at 08:20Comments(0)

2009年01月20日

お祭りと年越し

 お祭りと年越し
 鹿角国のお祭りといえば、花輪ばやし。祇園囃子(京都府)、神田明神囃子(東京都)とともに日本三大囃子のひとつです。

 8月下旬に絢爛豪華な屋台が夜を徹して練り歩き、お囃子の軽快なリズムに乗り、若者たちが絶好調のうちに終末を迎える

熱狂的なお祭りです。町内では、お祝いのお酒が振る舞われます。お酒は、地酒の千歳盛でなければなりません。

郷土を愛してやまないのです。

 年越しはといえば、お囃子と比べると静かにカウントダウンが行われます。夏のお祭りまでエネルギーを蓄積しているのです。

 ヨーロッパの大都市パリでは、年越しのときは若人などが、大通りや広場にワインを持って集結し、にぎやかに新年のお祝いをします。

 鹿角国と同じくらい寒い夜空の下で一晩中お祝いをする年越しですが、ここでは、年越しはお祭りです。

 激しくお祝いをした夜が明け、1月1日の午前中、地下鉄は無料開放されます。

 鹿角国では花輪ばやしの期間中に、100円バスが運行されました。観光客、地域住民を癒してくれるバスでした。

 こなた夏のお祭り、かたや冬の年越しと異なる季節のイベントですが、若者も年長者も情熱的で、両者には相通ずるものがあります。

お祭り好きのあなた、どうぞ、この夏の花輪ばやしをお楽しみに

 bonne annee  


Posted by のんびり探検隊 at 16:11Comments(0)