スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年10月01日

運動の秋☆

お久しぶりですicon23ゆっぺですpinkuma

お彼岸も過ぎて、たいぶ涼しくなってきましたねface01

気候も食べ物も秋の気配を感じるこの頃花

おしいいものがいっぱいのもみじもみじ
例年は迷わず食欲ですが、今年は運動!!をとることにしましたグー(正面)

ということで、早速アルパスにあるトレーニングルームに行ってきました逃げろ

雰囲気はこんな感じ~ ↓ ↓ ↓
















利用料は1回200円!お手頃価格ですねnazonin
マシーンの使い方が分からない場合はスタッフの方が親切に教えてくれますよ親指
また、自分のペースで進めることができるので、ムリなくできます天使icon12  

みなさんも、ぶらり訪れてみてはどうでしょうか(・∀・)ノ

アルパスの詳しい情報はコチラからどうぞパー
  


Posted by のんびり探検隊 at 08:30Comments(0)観光施設

2011年09月15日

まんまランド☆

まんまランドに移動販売車ができたとのことで取材に行ってきました。

道の駅こさか七滝の隣にまんまランドがあります。
桃豚や加工品、ソーセージ手作り体験、焼肉等の食事ができます。




移動販売車は、オレンジ色のワゴン車でした。
その名も「桃豚ワゴン ぶたんぽ号」
県内各種イベントに出張しているそうですicon17



塩ソフトクリームいただきました。ほんのり塩味が効いておいしぃーーー!!


ぶたんぽ焼肉食べ放題について詳しくは
こちら

今回ぶたんぽは、食べませんでしたがアカシア祭りの時にいただきました。
塩もろみのやさしい味でした。
こちらもご賞味あれ!



<Aki>  


Posted by のんびり探検隊 at 09:00Comments(0)観光施設

2011年08月21日

道の駅「上品の郷」

 石巻市の道の駅「上品の郷」(じょうぼんのさと)

   に立ち寄ってみました

「双子の湯」もあり とても大きく 清潔な道の駅ですキラキラicon12


内部は明るく 品揃えも沢山です

    もちろん沢山のお客様が来られていました
 

当日は 道の駅が11箇所集まって

    復興市を開催していました



元気な石巻市を 見たような気がしました音符音符

   復興市の開催時間前に写真を撮りました

   当日はTV放送も入り 賑わっていました

            さすらいのライダーがお届けしましたBicycle  


Posted by のんびり探検隊 at 08:11Comments(0)観光施設

2011年07月25日

旧工藤家 中小路の館

小坂町にある旧工藤家「中小路の館」を見学してきました!


見学しようと玄関に入るとまず、その敷居の高さに驚きました!
すごく高い(°O° ) !!
これは、入ってきたお客様と座ってそれを迎える亭主の目線の高さが同じくなるための工夫たそうです。
中に入って玄関を見下ろすと、まるでお雛様気分でした♪


さてさて、今回見学した旧工藤家は、旧小坂村の地主であった工藤作兵衛さんの私邸として明治18年に建てられたものだそうです。
「中小路の館」という名前は、工藤家の屋号が「中小路」だったことに由来しているそうですよ☆
囲炉裏のある広い板ノ間の天井は梁が沢山張り巡らされていて関善に少し似た感じでした。(写真ぶれてて載せれませんでした(πーπ))
見学は予約が必要ですが無料で見ることができます。
室内は有料で貸し出しもしていて、ここで“たんぽ会”とか出来たら楽しいだろうなぁと思って帰ってきましたo(@^◇^@)o。
 

                                         (田村)  


Posted by のんびり探検隊 at 16:26Comments(0)観光施設

2011年07月19日

中滝ふるさと学舎でランチ♪

ずっと、ずぅっーと行きたかった中滝ふるさと学舎のランチを食べに行ってきました\(o⌒∇⌒o)/!

ふるさと学舎にはすでに何度も行った事があるんですが、何度行っても癒されます♪
でもランチは食べたことがなかったんです!
で、今日こそは!と意気込んでとうとう行ってきました☆

レストランに到着すると、、、メニューがたくさんあって、すごく悩みました。。。
どれも魅力的。。。( ̄~ ̄;)
しばらく悩んだ結果、以前友人に薦めてもらった「イワナのぺペロンチーノ☆」を注文しました。

お料理はなんと!
米麺の上にイワナのフライが乗っている!
すごく斬新!そしてお味は・・・おいしい♪♪♪
大変失礼ですが・・・
こんなに本格的なおいしさだとは思っていませんでした!!
料理を作っている人が以前ホテルでシェフをしていた人だと聞いて納得!
綺麗な清流を見ながらゆっくり頂くランチ。至福のひとときでした。

今度は別のメニューにも挑戦しようと思います。

食後の散歩はセラピーロードを散策してきましたよ。
こちらもとても綺麗でした☆
この川できゅうりやトマト、スイカ等を冷やして食べるとおいしいんだろうなぁと想像しただけでわくわくしちゃいますo(*^^*)o
省エネの夏!中滝ふるさと学舎で涼むのもいいかもしれませんね☆

                         
                                  (田村)
  


Posted by のんびり探検隊 at 11:02Comments(2)観光施設

2011年07月17日

大館能代空港

金曜日の夕方、大館能代空港に行ってきました。
鹿角市花輪から車で1時間ほどの北秋田市にあります。



































連休前の週末ということもあるんでしょうか、場内アナウンスでは18時発羽田空港行きANA790便は満席とのことでした。



















曇り空の中、ボーイング737-700型機は定刻どおり飛び立ちました。
















(Windy)  


Posted by のんびり探検隊 at 08:58Comments(1)観光施設

2011年07月07日

尾去沢登山②

①に続き、山登り後半です。

さすが、鉱山
と言う感じで、道中いろんな鉱石が普通に落ちていました。




こちらは瑪瑙(メノウ)化している石だそうです。あと何百年か何千年かすると瑪瑙になるそうな…
果てしねぇ

また、いろんな植物も目にしました。





↑山あじさい、と言うそうです。綺麗ですね

写真は無いんですが、モウセンゴケもいました。
一番メジャーな食虫植物です。見つけたのは小指サイズで、あまり食虫って感じはしなかったです。


それとちょいとテンションあがったのがこちら↓



尾去沢精錬所跡の煙突です。この角度から見ることはまず無いでしょう

そんなこんなで、ジャングルっぽい所やこんな所↓


1時間半ほど登り、ついに登頂
日の丸を掲げ



記念撮影です。




今回は、向かって左の方がご退職なさる、ということでの記念登山でした。
そのような機会にお声掛け頂き、ありがとうございます。
お疲れ様でした。


因みに、右の方は御歳85才になられるそうで…
私はフラフラでしたが、この方はケロッとしてました。まだまだ現役ですね

初登山を経験し、何となく山好きの気持ちが分かった気がします。
疲労感とそれを補って余りある爽快感。久しぶりにいい汗かいたな

登りとは少し違うコースで山を下り、無事下山しました。
いや~疲れた!ってなことをじゃべってたら

「今回は初級コースにしたんだよ」


十分です。

山登りの楽しさ、自分の体力のなさ、先達の偉大さ
色々と勉強になった日でした。






いや~絵になるね


出足払い
  


Posted by のんびり探検隊 at 12:00Comments(0)観光施設

2011年07月07日

人情芝居

先日康楽館常設公演を観劇した。 芝居の内容は江戸時代後期から明治初期にかけての人情芝居。桟敷席には100人近いお客様がおり、芝居のラストでは皆、目頭を押さえながら涙していた涙
涙する場面としては感動の涙、そして死や別れの悲しい涙などがあるが、今回のお芝居は後者の方。筋書きはいたって簡単でラストシーンも想像はついたが、それでも涙してしまった。  まさに身近での迫真の演技力。 観劇して感激拍手

(康楽宝船)  


Posted by のんびり探検隊 at 10:07Comments(0)観光施設

2011年07月06日

尾去沢登山①

尾去沢鉱山
今回、ご縁がありまして、尾去沢鉱山での山登りに参加してきました。
危険なコースということもあり、普段は立ち入り禁止になっているところだそうです。

①ではとりあえず前半を紹介します。

当日は朝5時半に尾去沢鉱山に集合
前日は大雨で、登山が中止になるかも、と心配でしたが
天気も落ち着き、なんとか登山できることになりました。


入山して早速でした。
「いやいや、ちょっと待ってくれicon10


冬の雪で倒れてしまったそうで…



こんな感じのところを何カ所か切り抜けると



前日の雨のお陰か湿度もかなり高く…
もうジャングルですね
もうこの時点で汗が滝のようでした。



さらに進んでいくと…後ろの方から金属音が

「…ジェイソンかムンク





正体は草刈り機でした。
歩きやすくするために持ってきてくれたみたいで。感謝感謝拍手

また、この人の登る速度の速いこと逃げろ
あっという間に見えなくなってしまいました。
機械持っててなぜそのスピードface08


45分ほど歩いたあたりで
「休憩にしましょうか」


天気が良ければもっと綺麗だったんでしょうね
でもこれはこれで、何か幻想的な雰囲気を醸し出していました。

この時点でかなり体力が限界に来てましたがまだ半分くらいface07

登山後半戦は②で紹介します。お楽しみに

つづく

出足払い
  


Posted by のんびり探検隊 at 12:00Comments(0)観光施設

2011年07月01日

関善に行ってきました!

ずっと気になっていた関善さんにやっと行ってきました(≧∇≦)!!


いつも外側から見ていて気になっていたんですよねぇ♪
今回は10人位でお邪魔したのですが、説明者の方が付いてくれてじっくりと見学してきましたよ。
まずは外観の見学から~☆
関善の建物は、屋根の向きやこみせ(アーケードのような屋根)ひとつひとつに特徴があって、当時の商店街の賑わいを読み取ることができました。


次に内部の見学☆
入っていきなり、その広さと天井の高さにw(°o°)w !!!!声が出ました!
でも、あんまり天井が高すぎて上手く写真が撮れない( ̄Д ̄;)。。。
左の写真が一階の様子。右の写真が二階から見た天井の梁の様子です。


入り口を入って右側の部屋は、市日の日に休憩所として利用されてるそうです。










組子障子や欄間、柱や梁の一つ一つから当時の亭主の思いや生活の様子が伝わってきます。



階段を上がって2階には、展示品がたくさんあり、「ラッコの毛皮のコート」や「伊藤博文の書」など、とても貴重なものを間近に拝見することができました。また、展示スペースの所々にステンドグラスのライトが配置されており、ムードある光の中、悠々とした時間を過ごすことができました。


見学時間は蔵も含めて1時間くらいでしょうか。
本当はもっと伝えたいことがたくさんありますが、それは実際に行ってみてのお楽しみということで♪

日々、変化が求められているような時代ですが、ここに来てみて、昔から変わらないことの大切さに気付かされたました。

                                      (田村)    


Posted by のんびり探検隊 at 11:36Comments(0)観光施設

2011年06月20日

関善でのイベント情報!

face02楽しいイベントが目白押しの関善賑わい屋敷から、耳より情報です



モンデンモモさんのコンサート!

今年は言わずと知れた花輪線の全線開業80周年ですが、

花輪線活性化のために作った歌「出会いと旅立ち花輪線」もご披露くださるようです。

我らがご当地ソングとして、皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

7月6日(水)19時から、関善賑わい屋敷にて行われます。

そしてもう一つは…



第2回昭和の歌っこまつり」です!!

こちらは、7月28日(木)13時から15時30分、関善賑わい屋敷にて開催です。

なんと、ゲスト歌手として 茜ひとみ さんが出演されます拍手

こちらもお楽しみに!

  


Posted by のんびり探検隊 at 15:23Comments(0)観光施設

2011年06月20日

エコサカ

今日は
“菜々の油”を製造・販売しているエコサカさんを紹介します。

小坂町は減反になっている田んぼを使って菜の花栽培に取り組んでいます。
その菜種を使って作られているのが“菜々の油”



なんと話題のトランス脂肪酸が0%なんだそうです!




昔ながらの製法で作られ、添加物も一切なし。一番搾りの油のみを使用しています。

一番搾り…なんとも響きが良いですね
なんだか喉がかわいてきます


製造過程いろんなところにこだわって、丁寧に作っているだけあって
少し高価ではありますが、その価値は十分にあると思います



油そのものだけでなく
これを加工したラー油やドレッシングなんかもあります。是非お試しを



公式HPもご覧ください。

出足払い

  


Posted by のんびり探検隊 at 10:02Comments(0)観光施設

2011年06月19日

☆ダムケンガク☆

先日、小坂町の砂子沢ダムに行ってきました。

5月のときのようにクマは泳いでませんでしたが、新緑で気持ちのいい日でした。






今回は、上からのみの見学だったので放水している様子は撮れませんでしたが、また機会があれば下からも見たいと考えてます。face02

近くに、結構な高さの橋があるとのことで見に行きました。逃げろ


欄干(ランカン)のコンクリートに一段上がって下を見たら・・・face07




 「かつては荒川の深い渓谷で小坂町の中心部と隔てられていた鴇地域ですが、2003年に開通した長さ345m、高さ50mのアカシア大橋がアクセスを劇的に改善しました。」(美の国あきたネットより引用)
景色がよかったけど下を覗くと少し怖いところでした。

<Aki>  


Posted by のんびり探検隊 at 08:00Comments(0)観光施設

2011年06月13日

スギッチ in 小坂鉱山事務所

6月11、12日に小坂町で開催された「アカシアまつり」は大盛況でしたよ!!

そこに登場したのが「スギッチ」主任です拍手

おまつり最終日の12日は、小坂鉱山事務所に登場しました。



2階バルコニーに突如登場したスギッチです。(小さくてすみません…)



スギッチを発見した皆さんが集まってきてくれました。

そこで、スギッチは、1Fへ移動。(エレベーターでface02



スギッチとのふれあいタイム&撮影会の開始です。



スギッチを暖かく迎えてくださった皆様、ありがとうございました。

皆さんに優しくお迎えされ、スギッチ主任は感動していましたよ。

これからも、スギッチ主任をよろしくお願いします。  


Posted by のんびり探検隊 at 10:02Comments(0)観光施設

2011年06月13日

史跡 尾去沢鉱山

日本の近代化を支えた 史跡 尾去沢鉱山

  今は 近代化産業遺産 に指定されています!!

工学資源を専門に勉強している

 秋田大学大学院工学資源学研究科
    地質資源学専攻

    の教授さん 工学博士さん 助教 さんと

    生徒さん 観光バス2台に 分乗して 小雨降る 鹿角に

    お越しいただきましたface02




早速 坑道に入ります   ガイドのプロ 関村氏の説明を真剣に聞いていました

 専門的には 脈状鉱床 と言われている   この日は1.7キロの坑道を歩いた







鉱石の堀りかた  シュリンケージ工法の説明を受けています
   鉱脈を掘ったあとがそのまま 残っています

 天井が裂けている  グランド・マインキャニオンと呼ばれていて 上下90メートルもある




鉱石を運搬していた トロッコ       エレベーター(縦坑用として)



江戸時代の手掘りのあと  高さ90センチ 幅60センチ
  たぬき穴に似ていたので「たぬき堀り」と言われていた
 












坑道見学を終わったあとは 砂金取り体験  盛り上がりました




一日 日本を支えた鉱山の歴史 作業風景などを 勉強しました

      史跡 尾去沢鉱山 HP http://www.osarizawa.jp/

 坑道内は 気温13度と少し肌寒い感じでした

             さすらいのライダーBicycle
  


Posted by のんびり探検隊 at 08:10Comments(0)観光施設

2011年06月02日

400年前を今も

どーも、こんにちはcow
 
 魅惑のアイドル 
 うしモーちゃん(♂)ですcowicon06

 ♪ヤーヤーヤーヤーヤーヤーティヤ♪


先日、
尾去沢中新田地区にある「田郡(たごり)」という所へ
登山に行ってきました。

目的地は
鹿角市花輪にある「圓徳寺」というお寺の
発祥地である「観音庵跡地」

400年前
まだ尾去沢鉱山が栄えていた頃
中新田・田郡地区民の菩提寺として
この観音庵は住民のより所になっていたようです。

では
オイラと一緒に振り返ってみましょう逃げろ


尾去沢鉱山の裏側にある中新田地区へと入り
さらに奥へと車を走らせます。

民家も見えなくなり、道はがたがたの山道に・・

少し開けた所で車を止め
ここからは自分の足で登ります。
 
  まずは
  本日の武器装着からicon12

  「銀のレーキ」
  どう?icon06

  強そう?ちからこぶcow

  天気は小雨でカッパと長靴は必須でしたicon03



  ここが登山口

  メンバーは

  圓徳寺の檀家さんや地域の方
  
  そして住職、副住職、オイラ。

  この天気の中でも

  約10名の方が集まりました。(オイラ除く)

  
  登り初めて10分
  
  道の悪さに
  早くも息が切れてきました・・

  この日の気温は20度を超えていて

  カッパのサウナでもう汗だく・・・


中腹にさしかかると、なにやら見えてきました。

    
 




 

 ←このあたりの
  真ん中に・・・






洞窟のような、閉ざされた道のような・・
これ、尾去沢鉱山へと続く坑道なんだとか・・・

この田郡という地区には昔民家がたくさんあり、
登山道の脇には住居跡の他にも
学校や銭湯、ダムなどの跡も残っています。

倒れた電柱や石垣なんかもありました。

ここに住む人は、この道を抜けて
山のちょうど裏側にある尾去沢鉱山へ
出稼ぎに行っていたそうです。

つい数十年前までは、まだ通れたそうですが、
今はもう閉ざされてしまいました。


もう少し歩くと・・・
道を阻むものが・・・
   
  まさに

  倒木!!

  こんなに「ザ・倒木」というような
  倒木はオイラ初めて見ました・・


   
  しかも

  根こそぎ・・!!

  地面との隙間は
  リンボーダンス級でしたicon16


登山口から歩くこと約30分。

観音庵跡地に着きました。


  見て分かるかと思いますが

  草が生い茂り

  どこがどうお寺なのか

  全貌が見えない・・

  しかし草木の間から
 
  しっかりと見える先代住職のお墓

  そうです。

  場所や形は現在と違っても
  ここは圓徳寺の発祥地。
  
  400年前の観音庵を
  400年後の圓徳寺が
  護持していきましょう!
  ということで

  檀家さん・住職・副住職を中心に
  それぞれの手で整備し続けているのです。



  作業が終わると
  持ってきたお花をお供えし
  お線香をあげて供養します。

  屋根や柱はもう朽ちてしまっていますが
  お堂に入る石段はまだ残っています。
  この燭台は昨年、
  整備中に出てきたものです。

  
 
  400年前の歴史が
  こうして
  400年後にまで引き継がれていく。

  いま生きていることは

  生かされているということ。

  「因縁」「因果」について
  考える機会になりました。

 
  この景色を見ると
  
  胸がスーッと

  晴れ渡る気がしたオイラでしたcow

  (天気は 曇りでしたがicon02


どうでした?

オイラのナビゲーションcamera


皆さんの心にひとつ

小さな優しさが生まれますように。

うしモーちゃん(♂)でしたcow




  


Posted by のんびり探検隊 at 08:40Comments(0)観光施設

2011年05月12日

八幡平熊牧場に行ってきました!

楽しみにしていた連休も「あっ」という間に終わってしまいましたが、
みなさんは充実したお休みを過ごすことが出来たでしょうかo(^∇^)o?
今年はGWと桜の時期が重なったので、お花見!
という人も多かったと思います(* ~_~)/□☆□\(~_~* )。

私は連休中、八幡平にある熊牧場に行ってきました!

「熊牧場」と言うからには熊ばかり・・・とあまり期待せずに入りましたが、
中は意外と広く、熊のかわいらしい仕草にすぐに虜になりました(* ・・*)
立ち上がったり、寝転がったり、「パンちょうだい♪」の仕草がすっごく可愛かったです。
しかも、動物園等でお馴染みのツキノワグマ以外にも外国の珍しい熊などが飼育されていました!
動物好きな私でしたが、かなりビビッてオリに近づけない(/;°ロ°)/と言う程大きな熊もいました。
迫力満点の一方、今年生まれた小さな小熊もいて、ヨチヨチ歩きがとってもかわいかったですよ♪ 
100円でパン(餌)を買って投げると、上手に口でキャッチしてくれる熊もいました☆




                               (田村)

  


Posted by のんびり探検隊 at 11:34Comments(0)観光施設

2011年04月25日

春を待つひと


 鹿角冬季国体が開催された花輪スキー場も、雪がだいぶ少なくなりましたface01

 ここ鹿角にも、暖かい季節がすぐそこまで来ているようですicon12




先日、友人達が、鹿角市総合運動公園にあるスケートパークの雪寄せに来ていました!!もうすぐ来る春が待ち遠しく、施設内の雪が1日でも早く消えるようにと、除雪作業を頑張っていたようです(・∀・)☆☆











鹿角市総合運動公園は、豊かな自然の中にあり、本格的な陸上競技の練習やサッカーの試合が出来る競技場と、人工芝テニスコートなどを備えた運動公園です。


是非こちらをご覧ください音符http://www.alpas.jp/




  


Posted by のんびり探検隊 at 18:17Comments(2)観光施設

2011年04月10日

康楽館101年目の常設公演初日

現存する 日本最古の芝居小屋 「康楽館」  

   101年目の常設公演が 始まりました

     康楽館のHPはこちら→http://www.town.kosaka.akita.jp/kourakukan/kourakukan.htm

 東日本大震災で被災された
    
     宮城県・福島県・岩手県から 町内に避難している

     10世帯 24名の方を(身内を含め35人を招待しての 
     公演初日でした。


















最初に細越 満町長から ご挨拶がありました

  被災されてこの町で非難生活をしている方々に

    ほんの少しでも 心の安らぎになっていただければ と!
 
















一部は 人情芝居に みんなで涙しました

二部は 「サスケ一座」は 戦後の焼け野原から復興した日本の
     思い出の歌謡曲を メドレーで熱唱していただきました

   「赤いりんごに くちびる~ よせて‥‥♪」
   
     そんな苦しい時代もあった とのメッセージも込めて

   そして 万国博覧会 日本は高度成長期へと

 

そして 何ン田研二 さんの 迫力のあるステージ

   美川 憲一(さそり座の女)
   自信の歌 2009年にCD発売(逢いたい)
   松山 千春(長い夜)
   沢田 研二(TOKIO)


などの ものまねと持ち歌 を披露  会場を爆笑のうずに 巻き込みました

すっぽんから 美川 憲一 の物まねで


































 
















 
















会場のお客さんを交えての 殺陣の勉強
   (右から2番目の女性の方が小坂町のお客さん)

















最後に 出演者全員での エンディング
 

















新聞の記事より(秋田さきがけ)
 福島第一原発の事故で福島県浪江町から母親の実家に家族4人で避難し、
 小坂中学校に転校した村上優衣さん(13才)は「しばらく自宅に戻れそうになく、
 友人とも会えない。
 この先どうなるか不安だが、今日は本当に面白かった」と笑みを浮かべていた。

新聞の記事より(北鹿新聞)
  福島県浪江町の村上禎晴さん(46才)は妻の実家を頼り小学生と中学生の娘と
 4人で3月24日に来町。
 自宅は福島第一原発から20キロ圏内で、津波の被害はなかったものの「地震で
 家の中がめちゃくちゃ。ライフラインも壊れ、住めない」という状態。原発構内にある
 関連会社に勤務。「来週、会社と打合せをすることになっているが、この先どうなる
 か」 と不安な日々を過ごしていた。
  こうした中で公演に招待され、「こういう機会に恵まれてありがたい」と町の計らいに
 感謝。「モノマネが面白くて、子供達も喜んでいた。家族で楽しませていただいた」
 と表情を和らげた。


    なんか楽しさ・面白さもあったが、被災された方たちが ほんの束の間でも
    楽しんでいただけたのが、とても嬉しいface02
 
 「何ン田研二&サスケ一座」は 今月26日までです 
                       

      1日2回公演 10:30~  14:30~

     どうぞ 康楽館に 皆さんも お出かけください
 
                     さすらいのライダーBicycle がお届けしました


  


Posted by のんびり探検隊 at 22:53Comments(0)観光施設

2011年03月31日

このメンバーが中心でお届けしました

平成22年度のブログは

   このメンバーが中心で 記事の投稿をさせて
 
            いただきましたpc02

 沢山のみなさんに 見ていただき 本当に感謝申し上げますface02






















明日から 隊員の入れ替えもありますが かづの地域の話題を中心にsakura温泉クローバーケーキ
 
                 ブログ記事にしますicon26cameratel02

 十和田八幡平観光班より みなさまに御礼申し上げますパー

  


Posted by のんびり探検隊 at 11:39Comments(0)観光施設

2011年03月10日

金属リサイクル、「ケータイ」から金!

 こんにちは、くろたまごですface01

 平成21年の4月にオープンした「あきたエコタウンセンター」。

来年度は、ついに、北海道から約200名の中学生が教育旅行で訪れます!

 そこで、生徒の皆さんに、金属リサイクルをより身近に感じていただけるよう、

「あきたエコタウンセンター案内人」のみなさんと一緒に

体験学習のメニューを考えました!

 

 

 教育旅行の当日は、身近な電化製品である「携帯電話」の分解に

挑戦していただこうと思います!

 


 小坂製錬さんの金属リサイクルの技術は、以前このブログでも紹介されたように、世界的に注目されています。

 ニューヨーク・タイムズでも、日本の都市鉱山、小坂製錬さんのリサイクルプラントなどが詳しく紹介されています。

 世界に注目される小坂ってすごい!!

 教育旅行で訪れる皆さんにも、ぜひこの小坂で記憶に残る体験を

して欲しいものですface01





  


Posted by のんびり探検隊 at 16:42Comments(2)観光施設

2011年03月03日

スケールが大きい話題を一つ

さて、まずはこちらをご覧下さい…。

http://www.fastcompany.com/most-innovative-companies/2011/

英語で何が書いてあるかさっぱり分かりませんねface18

でもよく見ると、apple日産google、最近話題のtwitterfacebook位は分かるかと思いますicon10


そんな名だたる超有名企業の中に"Kosaka Smelting and Refining"の文字が!!
そうです、みなさん御存知、小坂町の「小坂
製錬さんです。



これはアメリカの経済情報誌「Fast Company」に掲載された、世界で最も革新的な企業(2011年版)を選出するという記事(2月20日前後?)で、何と小坂製錬が世界14位に選ばれるという、とてつもなくワールドワイドな内容です。(一つ上位にはあのバーバリーface08

さて、この記事の一部を頑張って要約するとicon10(web翻訳だと一発ですが…)

1トンの携帯電話から取れる金は、1トンの金の鉱石から取れる金の20倍以上の量になる

・原石から金属を取り出す技術を応用して、使えなくなった電子機器から19種類以上の金属が取れ、現在さらに他の金属が取れるように研究を進めている。特にネオジウム(レアアースと呼ばれる)は多くの携帯電話などに使われるため、抽出方法の研究対象として注目している。

だいたいこんな感じでしょうかface07

これはすごい事ですよねface08

最近「都市鉱山」という言葉を耳にしますが、量も種類も豊富、自分たちの身の回りは金属資源の宝庫なんですね音符

小坂製錬をはじめとする小坂町のリサイクルへの取り組みはこのブログでも何度かご紹介していますが、海外から高い評価を受けているのはとても誇らしい事です音符

さて3月は引っ越しシーズン、家電製品の処分に頭を悩ませる時期ですicon10

こでん回収など小さいことからでも金属資源リサイクルに貢献したいものですねface01

ひなまつりとは全く関係ない内容でしたね(爆)

以上、サックJAPANでした逃げろサッカーボール

  


Posted by のんびり探検隊 at 10:00Comments(0)観光施設

2011年02月22日

66??

「あきた鹿角国体2011」終わってしましましたね…。

ちょっとだけさみしさを覚えるのは、私だけでしょうか??

18日からは、「インカレ」こと、「第84回全日本学生スキー選手権大会」が
開催されておりますので、選手の皆さんへの応援を、引き続きお願いします!!

さてさて、「インカレ」の正式名称は、先ほどお知らせしたとおりですが、

「あきた鹿角国体2011」の正式名称を言えますか?

正解は…

「第66回全国国民体育大会冬季大会スキー競技会」でございます。icon22

66」といえば…

鹿角市内でこの数字をよく御覧になりませんか?



そうです!

「十二所花輪大湯線」こと、県道66号線ですよ。。

尾去沢~花輪~大湯を結ぶルートであり、
大館市と鹿角市を結ぶ重要なルートでもあります。

この日は、天候にも恵まれ、尾去沢にも
あたたかい太陽の日差しが差し込んでいました。

県道からちょっと中に入り、冬の「史跡尾去沢鉱山」も見てきましたよ!



冬の静寂のなか、鉱山華やかりし頃の凛とした姿がありました…。

それにしても、鹿角と「66」には、ご縁があるようですね。拍手

以上、2月22日なのに、「66」をフューチャーした、

6月6日生まれの(ひと)がお伝えしました。(←ほんとうです)  


Posted by のんびり探検隊 at 08:01Comments(0)観光施設

2011年01月20日

道の駅「あんとらあ」

  「たびろっくん」を作ろう

    道の駅 かづの に用紙はありますよチョキ


 








































では 早速作成しま~すハサミ
         最初は切り取りハサミ

 
















   次に 手足 つのをつける

 
















だいたい 1時間くらいで 出来上がりですface02
  スギッチ たんぽ小町ちゃん のキャラクターと仲間入り~!!

 

















道の駅 「あんとらあ」 外観  国道282号線沿いにあります

 
















  作成者の 石川さんですface05
 
 



















みんなも 作ってみよう!

       冬は 室内で過ごす さすらいのライダーでしたBicycle



  


Posted by のんびり探検隊 at 13:54Comments(0)観光施設

2010年11月21日

菅江真澄の道~毛馬内から小坂周辺~

に真澄の跡を追って、錦木から柴平周辺を訪れました。今回は毛馬内から十和田湖へ向かった真澄の跡を訪ねます。

文化4年(1807)8月19日、真澄は毛馬内を発ちます。
しるけ川を渡った。この川上は瀬が二つになった流れで、川の屈曲したところに、むかし長者の館があって、朝飯夕飯の鍋を数多く洗うために、いつも水がすこし濁って汁気があるところからいいはじめた名である。」





「万谷、荒川の部落を左手にみて、牛馬長根の尾根をひとつ越えると、弥五兵衛初立という村がある。武田の館があったころ、西町の検断(罪人をとりしまる役)であったその名の人がここにきて、田畠をつくり、一族もひろく栄え、このような村になって、山の名をいまはもっぱら「うしまながね」とよんでいる。」



「子坂村を過ぎると、鳥越という部落がある。どの家の門口にも、しめなわをはったり、あるいは地獄茨(サルトリイバラ)というものをひきまわし、また葦の長い根もひき渡して、それに皀角子(サイカチ)・くれのをも(ウイキョウ)もさしそえてある。また、くさ人形のささやかなものを二つ作って、剣をもたせ、蕃椒(トウガラシ)を角にして、これを男女の鬼になぞらえて疫病よけのおまじないものとしていた。」





「朱鷺(ときとお )という村が右方に見えた。左手に杜があり、馬櫪神を祀っている。」



鴇を発った真澄は、その後藤原(七滝)、砂子沢を経由して十曲湖(十和田湖)に向かい、8月29日に休屋附近に到着するのです。
真澄がこのように事細かに記録を残してくれたおかげで、今でも当時の様子などを想像しながら、足跡を訪ねることができるのですね。

よっしーでした。




  


Posted by のんびり探検隊 at 18:56Comments(0)観光施設

2010年11月20日

時を忘れて・・・

2~3日ずぅーっと青空続きでウキウキしますねっ晴れ

出不精を脱却し、最近よく町歩きしてますチョキ

今日はココ「小坂鉱山事務所」icon06
(このブログでも何度も紹介されているのでお馴染みですよね♪)

小坂町が全国に誇る建築物と言っても過言ではないでしょー!!



でーん!!
この威風堂々とした構え!
圧巻です。


2007年に「近代化産業遺産(経済産業省)」にもなってるんですよ三日月








なかでも、このベランダface05


サラセン風といって、イスラムの建築様式だそうです。

明治時代にこんな近代的な建物を考えた人ってすごい!!!
館内でドレスをレンタルして、こーんな風に写真を撮ってもOK!!




せば、
中からベランダを見てみましょーicon12

???

ここで、気づいたあなたはかなりの小坂マニア星






すこーしカメラを寄って・・・。


気づきました???

この透かし彫り、藤の花&田の字のモチーフなんですって☆
創業した「藤田組」を表してるんですね~。

実はもうひとつ、このベランダから見える風景に「藤」と「田」が隠れてますっface03








1番のお気に入り「螺旋階段」☆

時間さえ忘れてしまうような、不思議な感覚☆





小坂鉱山事務所のリンクはこちら
(kitz)  


Posted by のんびり探検隊 at 09:00Comments(0)観光施設

2010年11月03日

JR花輪線湯瀬温泉駅

鹿角管内で一番南の駅「湯瀬温泉駅」を紹介します。



小雨が降る「湯瀬温泉駅」です。


丁度、紅葉が見ごろです。駅のホームの案内板のもみじも綺麗に色づいていました。


温泉駅という名のとおり、駅の周辺には、大小の温泉宿があります。


湯瀬温泉駅から2kmほど北西に行くと、湯瀬渓谷があります。


渓谷を眺めていると、2両編成のディーゼル列車が通り過ぎていきました。

花輪線(はなわせん)は、岩手県盛岡市にある好摩駅から秋田県大館市にある大館駅を結んでおり、「十和田八幡平四季彩ライン」(とわだはちまんたいしきさいライン)の愛称が付けられています。四季折々に里山や田園風景を楽しむことができますので是非、乗車してみてください。隊員OTでした。  
タグ :


Posted by のんびり探検隊 at 08:30Comments(4)観光施設

2010年09月29日

菅江真澄の道~錦木から柴平周辺~

江戸期の紀行家、菅江真澄が鹿角を訪れた際の記録「けふのせば布」(天明5年=1785)から、その足跡の一部をたどってみました。
大館から鹿角を目指した真澄は、神田村(現在の鹿角市十和田末広字神田)に泊まり、翌八月二十七日に錦木塚を訪れます。
以下引用します。
「やがてここ(注:原文では古川を指し、現在の十和田錦木字古川)をでて、松の木村というところをくると、石の男根をならべた祠があった。これは、信濃、越後、出羽、とくに陸奥にたいへん多い。冠田村を経て涙川を渡る。鶴田を過ぎて、村の名を尋ねると、鉄砲とものものしく答えたので、戯れ歌をつくった。」

「石の男根を並べた祠」というのが面白そうですね。上の「松の木村」をクリックすると、地図に「金精神社」と見えますが、この神社のことです。



男根は社殿前に一基だけそそり立っています。真澄の時代にはもっとあったんでしょう。ただし、現在のものは木製ですので、本物は社殿内部にチン座しているのかもしれませんが、そとからは伺い知ることが出来ません。興味のある方は是非訪れてみてください。写真は撮ったのですが、わりとリアルなので、ここには載せないことにします。
面白いのはこの「金精神話訓」です。



うーむ、あやかりたいものですね・・・。もちろん拝みましたよ。

ところで、ここはかつての津軽(鹿角)街道(盛岡~花輪~大館~弘前)から来満街道(松の木~毛馬内~大湯~三戸)が分岐する地点になっていて、来満街道はこの金精神社の左脇から北進して毛馬内に入って東進し、三戸に通っていました。

金精神社内の標柱


来満街道入り口。たしかに古い街道らしき雰囲気が漂います。


冠田と鶴田の間にあった「涙川」というのはどこでしょう。現在この間には根市川間瀬川の二つの川があるので、このいずれかでしょう。実際に見た感覚では、どうも根市川ではないかと思えます。なぜなら、間瀬川はいかにも人工的に作られたように見えるのに対し、根市川は自然の川のような気がするのです。間瀬川上流には導水路によって発電している柴平発電所もあり、真澄の時代には無かったのではないかと思えるのです。素人考えですが。

これが根市川です。私はこれが涙川だと思います。


こちらが間瀬川。人工的な感じがしませんか。


昔のことを知ると、普段気に留めなかった景色なども、違う見方が出来て面白いものですね。
よっしーでした。  


Posted by のんびり探検隊 at 08:30Comments(2)観光施設

2010年09月21日

八幡平「クマ牧場」!

八幡平の国道341号線沿いにあるクマ牧場に行ってきました。

























入口では既にクマがお迎え。


























中は結構広く、家族連れが多くいました。













































































100円で「クマのおやつ」を購入。




































































おやつを振ると、猛烈なアピールが始まる。

























小熊も間近にみられて、つぶらな瞳がとてもかわいいかったです。




























もやさんでした。
  
タグ :クマ八幡平


Posted by のんびり探検隊 at 16:00Comments(0)観光施設

2010年09月17日

!! 僕らは少年ガイド隊 !!

街の話題です yokokao

尾去沢中学校では 「ふるさと学習」 の一環で 「史跡 尾去沢鉱山」 の案内ガイド研修を行っています。

今回は、その集大成とも言える 実践を行うべく、神奈川県からの中学校の修学旅行生に 尾去沢鉱山についてガイドしました 拍手

神奈川の中学生が到着です 万歳





まずは、掘削機などの実演です。 120ホーンの大音量でお届けします。





続いて、学生ガイドの本番を坑道の中で行います 花火


















坑道の中で、ガイドさんは 「このきらきら光るのは何でしょ~」
                「残念ながら  ではなく  なんですよ」と軽快に案内をしていました。 (ここで、のんびり探検隊の隊長ならば 「銅だ参ったか~」 と言うところでしょうか?) face11
















ガイドをしてもらっていた女子中学生は大変喜んでいたようです 拍手





さて、坑道でのガイドも終わり、鉱山史料館で、自主研修をして、鉱山の見学は終了します。






当日は、NHKや、新聞各社など、尾去沢中学校の取組に取材が殺到してました 映画









一行はこの後鹿角市内に宿泊します。
尾去沢中学校の生徒さんたちは、翌日は同じ学校の別グループのガイドをして、9月17日には一般市民を対象としたガイドをおこなう予定です。 この取組を継続していってくださいっ 親指

shinobu-chin.でした。
  


Posted by のんびり探検隊 at 09:45Comments(0)観光施設