スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年04月09日

春を迎えたナタネたち

 小坂町のナタネ畑、2008年10月17日に越冬前の様子をこのブログで紹介しました。

 いよいよ春を迎えて、あのナタネたちは元気でしょうか?畑に行って見ました。

 ナタネたちは無事に冬を越して、元気に畑を覆っていました。





 

ですが近寄って見ますと、秋に較べて葉っぱの枚数がかなり減っています。





4、5ヶ月間雪の下で光も当たらず、土から栄養を吸っていたのかどうかも分かりません。ですから、体を維持するだけでも大変だったはずです。
古い葉っぱは茶色に枯れて、地面にへばりついています。





 それにしても、雪の下でも緑色を失わずにいるのは、雪消えと同時に光があたればすぐに「光合成」を始められるので、大変に有利という気がします。
 田んぼの畦の草を見てください。まだ「枯れ草色」ですから、春の光を生長に利用できません。新しい葉が枯れ葉の間から伸びて来るまで待たねばなりません。
 こんなところに、ナタネの強さの一端が伺えます。





 これから気温は上がり、日差しも日に日に強くなります。
 開花予想はできませんが、一面の黄色のじゅうたんになる日を楽しみに待ちましょう。

  


Posted by のんびり探検隊 at 16:04Comments(0)地元の食材