スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年11月26日

秋田八幡平スキー場

 23日の“のんびり探検隊”に、八幡平スキー場開きが11月19日に行われたという記事がありましたが、当日のゲレンデの様子を紹介します。
 スキー場開きでは、まずシーズンを通して事故がないよう関係者による「安全祈願祭」が執り行われました。天候が厳しい年もあることから、例年、安全祈願祭はレストハウス内で行われています。



 ゲレンデはまだ数センチの積雪で、白い地肌が見える状況なので、滑走できるようになるのは、少し先になりそうです。26日現在も残念ながら積雪は増えていません。



 最近3年間の滑走可能日は11月20日~22日なので、今シーズンは少し遅れていますが、大丈夫、いくら遅くても12月初旬には滑れるようになるのが、ここのスキー場です。客待ちのリフトも少し寂しそうですが少しまっててね。



 秋田県内で最も早く、そして最も遅く(5月中旬)まで滑れる八幡平スキー場、昨年は13万人を越えるスキーヤーをお迎えました。その内の1人が私ですが、滑った後の温泉もまた最高です。寒いのが苦手な方も雪見風呂で暖まってください。

探検隊員“くどくど”でした。

  


Posted by のんびり探検隊 at 08:41Comments(0)街の話題