スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年02月28日

A級グルメ

皆さん、こんにちは。
探検隊隊員のカパかっぱですface01

2月ももう終わりなんですね。国体・インカレとイベントが盛り
だくさんだった鹿角では、きりたんぽを食す機会が幾度となく
ありました。

秋田と言えば、「きりたんぽ鍋」。A級グルメですよね食事
鹿角は「きりたんぽ発祥の地」と言われていますが、知って
いますかface15
「きりたんぽ鍋」は新米が収穫された時期に食べられますが、
お正月や、人がたくさん集まる時にも食べられますface01

作り方を紹介したいと思いますちからこぶ
まずは材料です。
絶対に忘れてはいけないもの、それは「セリ」です。これを
入れなきゃ、きりたんぽ鍋の味が落ちてしまうくらい大泣き
すべて地元の食材を使います。勿論、醤油も!!


そして”たんぽ”で重要な米は普通に炊いてください。
熱々のごはんをすりこぎでつぶします(通称:半殺し)

そして、にぎっていきます。ごはんは小さいおにぎり
くらいの大きさにしてね。

出来上がりっOK

そして焼きます。(表面が乾いて、少し焦げ目がつく位)


たんぽを切ってお鍋にいれて、お椀に盛りつけました。

みそつけたんぽもあるよ。このみそには味噌+砂糖+クルミが
絶妙にブレンドされています。(おいしかった~icon14

一緒にがっこ(漬け物)はいかが?


四葉きりたんぽの一口メモ
鹿角市花輪にある「株式会社 浅利佐助商店」で”福寿フクジュ”
というお醤油が作られています。
このお醤油を使って、お母さん達はお料理をしています。
鹿角のお醤油の歴史は古く、この浅利佐助商店の創業は
明治5年5月5日だそうです。
醤油を使った料理は明治時代では珍しく、醤油がなかった
頃は味噌風味の鍋だったそうです。
鹿角は鉱山の町でした。尾去沢鉱山や小坂鉱山など・・・。
鉱山で働く人たちの、体内に入った老廃物を出すために
糸コンニャクをきりたんぽ鍋に入れ、体の浄化をしていた
んですって。
30~40年前、東京にいる親戚の家に遊びに行く時は、鍋の
材料を背負って行ったんですってtrain_a01
(重いけど、何よりも喜ばれるお土産ですよね)

東京でお袋の味「きりたんぽ」が食べられるなんて、
とっても幸せだったことでしょうface02

きりたんぽ鍋はお取り寄せも出来ます。
是非、秋田の味きりたんぽ鍋をご堪能くださいicon27

お取り寄せはこちら → (社)十和田八幡平観光物産協会(北の宅送便)  


Posted by のんびり探検隊 at 08:00Comments(2)地元の食材