スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月13日

スギッチ in 小坂鉱山事務所

6月11、12日に小坂町で開催された「アカシアまつり」は大盛況でしたよ!!

そこに登場したのが「スギッチ」主任です拍手

おまつり最終日の12日は、小坂鉱山事務所に登場しました。



2階バルコニーに突如登場したスギッチです。(小さくてすみません…)



スギッチを発見した皆さんが集まってきてくれました。

そこで、スギッチは、1Fへ移動。(エレベーターでface02



スギッチとのふれあいタイム&撮影会の開始です。



スギッチを暖かく迎えてくださった皆様、ありがとうございました。

皆さんに優しくお迎えされ、スギッチ主任は感動していましたよ。

これからも、スギッチ主任をよろしくお願いします。  


Posted by のんびり探検隊 at 10:02Comments(0)観光施設

2011年06月13日

史跡 尾去沢鉱山

日本の近代化を支えた 史跡 尾去沢鉱山

  今は 近代化産業遺産 に指定されています!!

工学資源を専門に勉強している

 秋田大学大学院工学資源学研究科
    地質資源学専攻

    の教授さん 工学博士さん 助教 さんと

    生徒さん 観光バス2台に 分乗して 小雨降る 鹿角に

    お越しいただきましたface02




早速 坑道に入ります   ガイドのプロ 関村氏の説明を真剣に聞いていました

 専門的には 脈状鉱床 と言われている   この日は1.7キロの坑道を歩いた







鉱石の堀りかた  シュリンケージ工法の説明を受けています
   鉱脈を掘ったあとがそのまま 残っています

 天井が裂けている  グランド・マインキャニオンと呼ばれていて 上下90メートルもある




鉱石を運搬していた トロッコ       エレベーター(縦坑用として)



江戸時代の手掘りのあと  高さ90センチ 幅60センチ
  たぬき穴に似ていたので「たぬき堀り」と言われていた
 












坑道見学を終わったあとは 砂金取り体験  盛り上がりました




一日 日本を支えた鉱山の歴史 作業風景などを 勉強しました

      史跡 尾去沢鉱山 HP http://www.osarizawa.jp/

 坑道内は 気温13度と少し肌寒い感じでした

             さすらいのライダーBicycle
  


Posted by のんびり探検隊 at 08:10Comments(0)観光施設