スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月26日

ヒメマス放流式!

先日、十和田湖で恒例のヒメマスの放流式が行われました。
地元の保育園生や小学生も参加して、稚魚の放流を行います。
この日はお天気も良く、濃くなった緑の中で、とても気持ちの良い日でした。

ヒメマス養殖場でのセレモニーのあと、さっそく湖畔まで移動します。





































そして、稚魚の放流です。





































大人が放流した後は、子供達が行います。
「元気に帰ってきてね!」と声をかけながら、湖に放してあげました。





































100年ぐらい前まで、十和田湖には魚がすんでおらず、和井内貞行という人が多くの失敗を繰り返しながら、ようやくヒメマスの養殖に成功し、それ以来、十和田湖の魚と言えば「ヒメマス」と言われるほど、十和田湖のシンボルになりました。
一時、十和田湖の汚染が進み、ヒメマスの獲れる量も減っていましたが、ここ数年は環境浄化の取り組みなどにより、獲れる量が戻ってきています。

 

















100年前の養殖に使用した生けすがこちら

 


















先人の残してくれたヒメマス。
十和田湖とともに、次の人たちへしっかり伝えていかなくてはいけませんね。




















(クニエイクローバー)  


Posted by のんびり探検隊 at 05:53Comments(2)街の話題