スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年12月07日

小坂町歌と踊りのチャリティショー

 初めて行ってきました。小坂町の冬の風物詩ともなっているこの行事。足を踏み入れるとそこは別世界。開場と同時に館内は満員!
 
 
 まず、千葉孝尾実行委員長から小坂町社会福祉協議会に収益全額が寄付されました!それは第1回目から変わらないこのショーの伝統となっています。                                   
  
 






 

 
 バレエから始まって歌謡、舞踊、日舞、ダンス、フラ、ヒップホップ、太鼓等、次から次へと30を超える演目が途中1度の休憩を挟んで続きます。
 




  

 


 
 ステージ、客席が一体となったこの雰囲気がたまりません。おひねりも飛びます。 

 


 





 









 
 米代しげをさん(キングレコード)の「望郷酒屋唄」。さすがプロは声量が違います。 小学生もかわいらしかったです。
 








 

 
 いちばん奥から見るとこんな感じです。  帰りはみんな満足顔でした。「また来年」
 









 
 
 日本最古の芝居小屋「康楽館」で多種多様な芸能が見られ、お弁当・お酒をいただきながら過ごす夢の4時間弱。しかも入場料前売り500円! それも社会福祉に役立てられるなんて、自分は何もしていないけれどとてもいい気持ちです。最高ですね。
 まだ見たことのない方は来年ぜひご来場ください。毎年12月第1日曜日開催です。また、出演希望団体は随時受け付けており、他市町村からでもOKとのことです。連絡先は実行委員会千葉さん(0186-29-2376)まで。

                                        浦島次郎でした。                                                                                                                                                                                                                                      
                   


Posted by のんびり探検隊 at 09:00Comments(0)イベント