2009年12月27日

今日の尾去沢鉱山

今日の鹿角の日中はプラスの気温で、温かく感じましたface02

一昨日の夜は本当に寒かったですよ。マイナス14度だったので・・・face10

そんな中、町中の雪も幾分、溶けた感じです

ということで、開山1300年の史跡尾去沢鉱山に行ってみると・・・

今日の尾去沢鉱山

やはり、雪に包まれています。

煙突部分をアップで・・・

今日の尾去沢鉱山

この鉱山は、昭和53年に閉山されたのですが、ピーク時には、約4,000人

の方が働いていたとか・・・


今は、静かにたたずんでいますが、当時は活気があったんだでしょうね。

でも、冬は大変な寒さの中での作業だったに違いありません。


冬の尾去沢鉱山を見ていると、こうした方々の苦労が忍ばれます。





同じカテゴリー(観光施設)の記事画像
小坂町花園館
小坂鉄道DVD!
初冬の史跡尾去沢鉱山
和井内貞行没後90年展
康楽館8月公演
平泉 中尊寺
同じカテゴリー(観光施設)の記事
 小坂町花園館 (2013-03-05 10:00)
 小坂鉄道DVD! (2013-01-09 08:01)
 初冬の史跡尾去沢鉱山 (2012-11-25 08:01)
 和井内貞行没後90年展 (2012-11-19 11:41)
 康楽館8月公演 (2012-08-18 10:00)
 平泉 中尊寺 (2012-07-01 08:30)

Posted by のんびり探検隊 at 17:08│Comments(3)観光施設
この記事へのコメント
戦中・戦後の日本で尾去沢鉱山は産業界に大きな役割をはたしていました。鉱山から花輪駅まで索道がガラガラを音を立てながら鉱石を運んでいました。花輪駅には大量の貨物車があり鉱石を運んでいました。4000人も働いていた頃には社宅が何百軒もありました。映画館もあり「購買」という名前のスーパーマーケットのような大きな売店がありました。おじさんが鉱山の事務所に勤務していましたので泊りがけで遊びに行った記憶があります。
Posted by 凧男 at 2009年12月28日 06:54
凧男様 いつも、コメントを頂き、ありがとうございます。尾去沢鉱山では、現在、コースを案内していただける案内人の方がいらっしゃって、活気のあった当時の姿も解説してくれます。鹿角にお出での際には、是非、尾去沢鉱山にもお越しください。お待ちしております。
Posted by のんびり探検隊のんびり探検隊 at 2009年12月28日 17:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今日の尾去沢鉱山
    コメント(3)