2010年11月03日

JR花輪線湯瀬温泉駅

鹿角管内で一番南の駅「湯瀬温泉駅」を紹介します。

JR花輪線湯瀬温泉駅
JR花輪線湯瀬温泉駅
小雨が降る「湯瀬温泉駅」です。

JR花輪線湯瀬温泉駅
丁度、紅葉が見ごろです。駅のホームの案内板のもみじも綺麗に色づいていました。

JR花輪線湯瀬温泉駅
温泉駅という名のとおり、駅の周辺には、大小の温泉宿があります。

JR花輪線湯瀬温泉駅
湯瀬温泉駅から2kmほど北西に行くと、湯瀬渓谷があります。

JR花輪線湯瀬温泉駅
渓谷を眺めていると、2両編成のディーゼル列車が通り過ぎていきました。

花輪線(はなわせん)は、岩手県盛岡市にある好摩駅から秋田県大館市にある大館駅を結んでおり、「十和田八幡平四季彩ライン」(とわだはちまんたいしきさいライン)の愛称が付けられています。四季折々に里山や田園風景を楽しむことができますので是非、乗車してみてください。隊員OTでした。


タグ :

同じカテゴリー(観光施設)の記事画像
小坂町花園館
小坂鉄道DVD!
初冬の史跡尾去沢鉱山
和井内貞行没後90年展
康楽館8月公演
平泉 中尊寺
同じカテゴリー(観光施設)の記事
 小坂町花園館 (2013-03-05 10:00)
 小坂鉄道DVD! (2013-01-09 08:01)
 初冬の史跡尾去沢鉱山 (2012-11-25 08:01)
 和井内貞行没後90年展 (2012-11-19 11:41)
 康楽館8月公演 (2012-08-18 10:00)
 平泉 中尊寺 (2012-07-01 08:30)

Posted by のんびり探検隊 at 08:30│Comments(4)観光施設
この記事へのコメント
いや~湯瀬駅はなつかしいです。湯瀬の読み方は「ゆぜ」ですが現地では「ゆんじぇ」みたいに発音していました。昔は駅の中に売店がありました。ユゼ石鹸など土産物や絵葉書も売っていましたが今は無いのでしょうね?
Posted by 凧男 at 2010年11月03日 16:18
 花輪線、湯瀬温泉駅、湯瀬渓谷、いや~懐かしいです。父が尾去沢鉱山に務めていた頃は湯瀬にはよく行ったものです。

 当時の鉱山会社の保養所が湯瀬温泉にあったもので・・・かつての駅は単に「湯瀬」と称していました。上り・下りそれぞれホームが分かれていたりしましたが、今では無人駅となったようですね。
懐かしいものを思い出させてくださってありがとうございます。
 花輪線さ乗って、は、ゆんじぇの湯っこさいぐがな。
Posted by エーカス at 2010年11月05日 13:39
凧男様
コメントありがとうございます。みなさんからのコメントが何よりの励みになります。売店の件ですが、朝7時頃バタバタと取材をしたのであったかどうかは、誠に申し訳ございませんが覚えていません。これからも探検隊をよろしくお願いいたします。

エーカス様
コメントありがとうございます。私が駅に行った時は、地元の方が駅舎にいらっしゃいましたので全くの無人駅ではないようです。これからの冬景色も素晴らしいので、是非、花輪線に乗って、ゆんじぇのゆっこさきてください。
Posted by のんびり探検隊のんびり探検隊 at 2010年11月16日 17:30
補足情報です。
残念ながら売店はもうありません…
また、委託駅員となっていて、地元の自治会の方が、観光駅長として常駐しています。
Posted by 隊員HIPPO at 2010年11月17日 10:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
JR花輪線湯瀬温泉駅
    コメント(4)