2011年08月23日

映画「エクレール・お菓子放浪記」

先日 花輪市民センターにて 上記題名の

         映画会がありました

    1日に3回公演で 私は3回目の映写会に行きました映画

          当日は800人近い観客とのことでした

映画のストーリーは アキオ少年が感化院に入り 更生していく情景が

 ロケ地石巻市を中心に撮影されました


戦争中なので 甘いものはほとんどない時代ですが ようこ先生が
 
 教えてくれたエクレール(エクレア)に心の歪みを直しながら

 いつしか 憧れの ようこ先生と一緒に エクレアのお店を

 開いて行く   そんな感じかなface02

    映画の前に 石巻市の市長さんからのメッセージがあり

     下記の画面のような 震災の被災状況報告がありました


映画のロケ地は被災地の石巻市・登米市などが多く

 
石巻市の岡田劇場のシーンでは 

  石巻市民のエキストラの方が多くいたそうです     
                          震災後の岡田劇場です 何もなくなりました


壊された 新北上大橋です         撮影当時の北上川です








日和山(ひよりやま)からみた 日和大橋方面です

  津波はこの北上川河口から来たようです

 

 
  3月10日に東京で 映画の完成の会が開かれたとのことです

  翌日に大震災が起きた  被災地石巻市で4月から上映予定だったそうです


今度 ロケ地を訪ねて 被災地に行ってみたいと感じました

                さすらいのライダーBicycle

映画の主催者より 感想文を見させていただきました
    数人の感想文を紹介します

・石巻から避難して、映画を見れるとは思いませんでした。エキストラの人達に
 知っている人もいて、風景も震災前の画像で感激しながら見ました。
 震災の光景が浮かんできて涙がこぼれてきました。(70代以上 男性)

・戦争を知らない私ですが、そのひさんさが、とてもよくわかりました。
 男の子はすごく頑張っていたなあと思いました。(11才 女性)

・久しぶりに人間のやさしさ、いやしさを見せてもらいました。
 今の自分が平和の中にいることを身にしみました。泣くのがきらいな自分ですが
 泣いてしまいました。ありがとうございました。(50代 女性)

・故郷が映されていて、とても感動しました。私たちも頑張って行きます。
                                 (50代 女性)

・私の実家も津波で流されてしまいました。石巻は、祖父母が住んでいましたので、
 とても感慨深く見ました。これからの復興を期待しながら見させていただきました。
                                   (50代 女性)

・とてもおかしのたいせつさがわかりました。ひ害のおこったみなさまに、
 はやくふっこうしてほしいです。(10才 女性)

・心が洗われるような歌声に感動(お菓子と娘。)戦争は嫌ですね。美しい景色が
 今はガレキの山となっていることに心が痛みます。(50代 女性)







 

 




同じカテゴリー(イベント)の記事画像
AKB「鍋の陣」☆
AKB鍋の陣
月イチでんぱく
十和田八幡平観光物産フェアin仙台
十和田八幡平観光物産フェア開催のお知らせ
秋田「かづの屋」物産展
同じカテゴリー(イベント)の記事
 AKB「鍋の陣」☆ (2013-03-25 09:28)
 鬼平犯科帳の中村吉右衛門が康楽館にやってくる (2013-03-21 16:50)
 AKB鍋の陣 (2013-03-18 15:45)
 月イチでんぱく (2013-03-14 11:06)
 十和田八幡平観光物産フェアin仙台 (2013-03-13 13:26)
 十和田八幡平観光物産フェア開催のお知らせ (2013-03-07 08:58)

Posted by のんびり探検隊 at 08:20│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
映画「エクレール・お菓子放浪記」
    コメント(0)